Embed from Getty Images

昨日の投稿にほだされて、以前から計画していた無料メールマガジンの配信を開始することにいたしました。思い起こせば、1980年、確か小学館の「小学6年生」に当時、アントニオ猪木提唱の「アントンハイセル(循環型バイオマス)」が漫画でわかりやすく特集してあったことを思い出します。猪木ファンであった僕は、プロレスのみならず、地球の環境まで、さすが猪木さんはデケエと思ったものでした。そして当時に地球環境を考えた事業など斬新も斬新過ぎて、誰も理解できないほどでした。(これが原因で新日本プロレスは傾くことになるのですが)

あれから約40年、地球温暖化、東日本震災を経て、再生可能エネルギーの推進が叫ばれていますが、稀代の天才が想像した循環型社会がいま必要とされる時代になりました。

このメルマガに名付けた新「風車の理論」には3つの意味があります。一つはそのままの風車の話である意味、そしてメルマガページにも書いてありますが、風況を最大に引き出す意味、最後に小学生の僕が”アントンハイセル”に影響を受けて、それが巡り回ってという意味です。

さてなぜブログで足らずにメールマガジンを配信するかという理由を話しますと、まず非公開の場所でしか書けないことがあるということです。業界の方はご存知だと思いますが、小形風力には太陽光業界のような豊富な知見はありません。そしてかなり誤った情報も入り混じって飛び交っているのが現状です。また個人的にもインターネットに有益ながらも公開するには、はばかりある情報を出したくもありません。そこで限られたメールマガジンという場所を通して公開しづらい情報を紹介していこうと考えています。

どのような人に向いているかというと、まずは土地を探して小形風車設置をもくろんでいる業者の方々は当然ですが、風車投資をしたいという方にも向いている情報を出せるかと思っています。

原則ルールとしているのは、業界の立場や慣習を守るというよりも、もっと身近に風力が再生可能エネルギーの一つとして利用でき、そして大きく普及しながら世の中を変えていくことができればと考えています。

「迷わず読めよ、読めばわかるさ」

メールマガジン登録フォーム

無料メールマガジンご希望の方は、下記フォームにご登録ください。解除は、メール本文から簡単にできます。